天国への扉 ペットメモリアル 神奈川

ペット火葬のメモリアルグッズで大切なペットの思い出を形に残そう

詳細はこちら お問い合わせはこちら

ペット火葬のメモリアルグッズで大切なペットの思い出を形に残そう

ペット火葬のメモリアルグッズで大切なペットの思い出を形に残そう

2024/04/17

ペットは家族の一員として、多くの人々にとって心の癒しとなっています。しかし、その命が逝ってしまったとき、その喪失感は計り知れません。そんな時、多くの人がペット火葬を選択します。そして、その思い出を形に残すために、メモリアルグッズを導入する人も増えています。今回は、ペット火葬のメモリアルグッズを活用して、大切なペットの思い出を形に残す方法をご紹介いたします。

目次

    ペット火葬とは?

    ペット火葬とは、ペットを亡くされた飼い主様が希望される場合に、おこなわれるペットのお葬式の一つです。ペットを愛し、家族として大切にしていた飼い主様にとっては、ペットの亡骸をどのように処理すべきか悩むことがあるでしょう。そんな時、ペット火葬という選択肢があります。ペット火葬を選ぶ飼い主様にとって、ペットの形見として残し、飼い主とペットの絆を大切にすることができます。また、ペット火葬は、ペットの遺骨を持ち帰ることができるため、飼い主様がいつでもペットと一緒に過ごすことができます。ペットを大切に思う気持ちを持つすべての飼い主様におすすめの、ペットの最後のお別れの方法と言えるでしょう。

    メモリアルグッズとは何?

    ペット火葬業界において、メモリアルグッズとはペットの遺骨を永久保存するためのアイテムのことを指します。主に、遺骨を収めるためのオブジェやアクセサリー、額縁やアルバムなどがあります。実際にペットを亡くされた方々にとって、メモリアルグッズは大切な思い出を形に残す手段となり、さまざまな形で提供されています。また、ペット火葬を行う際に、メモリアルグッズの専門販売も行われており、自分たちに合ったグッズを選ぶことができます。今後も、ペット火葬業界ではメモリアルグッズの需要が高まることが予想されます。

    ペット火葬で形に残す方法

    ペットとの別れは心を痛めますが、愛するペットに最後のお別れをするために必要なことの一つが火葬です。ペット火葬にはいくつかの方法がありますが、形に残す方法について考えてみましょう。 まず、愛するペットのオーナーが形に残したいと思うのは、ペットの骨だと思います。ペット火葬後には、骨を集めることができます。その骨を白く燃えた形で形に残す方法です。それは、ペットの人生が記念され、大切な家族として存在し続けることを意味します。 次に、同じようにペット火葬後に骨を集めますが、骨を粉末化して形に残す方法です。それは、更なる研究や、決して水に流さない愛情の一種として捉えられることでしょう。ペットの形を残す方が美しいですが、骨が粉末化することで、物理的に形を残すことができるようになります。 ペット火葬で形に残す方法は、骨をどのように扱うかという違いがあるだけであるので、それぞれの方法に価値があります。自分自身の愛するペットがどの方法を選んでも、常に思い出され、一緒に過ごした時間を尊重しています。何かの痛みを共有し、ペットを成長・発展させることが業種の創立に至ったことが分かります。

    どんなメモリアルグッズがある?

    ペットを失った時、悲しみを癒すためにメモリアルグッズを制作することがあります。ペット火葬業者では、ペットの遺骨を利用してオーダーメイドでメモリアルグッズを作成するサービスを提供しています。 代表的なメモリアルグッズとしては、ペットの遺骨を加工して作られるお守りやペンダント、アクセサリーがあります。また、遺影とともに飾るための額縁やフォトフレーム、ペットの足跡を記念したストーンも人気があります。 さらに、ペットの遺骨を使ったペット推しなど、さまざまなグッズに利用されています。また、遺骨を含まないメモリアルグッズには、ペットの写真や名前が印刷されたカードや、ペットのキーホルダーやマグカップがあります。 ペットを失った時には、メモリアルグッズを利用して、ペットが愛された思い出を残すことができます。ペット火葬業者では、オリジナルのメモリアルグッズを制作してくれるので、ペットを大切に思う飼い主さんにはおすすめです。

    メモリアルグッズで大切なペットとの思い出を永遠に

    愛するペットとのお別れはとても辛いものですが、その思い出はずっと心に残ります。ペット火葬では、大切なペットを故郷に帰すために、丁寧な火葬を行っています。そして、ペットのアッシュを集めたうえで、メモリアルグッズとして提供しています。 メモリアルグッズには、ペットの名前や生年月日、お写真などを刻印したり、彫刻したりすることができます。また、お花やフリルなどを飾ることもでき、ペットの個性や思い出を表現することができます。さらに、グッズにはペットのアッシュを入れることもできますので、いつでも思い出を手にとって感じることができます。 メモリアルグッズは、ペットが亡くなった後も、それを身近に感じながら、思い出を大切にし続けることができます。ペットと過ごした時間が、一瞬でも永遠に続くように、ペット火葬とメモリアルグッズというサービスがあります。ぜひ、大切なペットとの思い出を永遠に続けるためにご利用ください。

    ペットという家族の一員を亡くす悲しみは想像を絶するものです。そんなときに少しでも手続きの手間を減らし、心の休まる時間を作るためにも、ペット火葬後の手続きは大切です。 まずは火葬の証明書をもらいましょう。火葬業者から発行され、お葬式後に渡されます。保険の申請などに必要になるのできちんと受け取っておきましょう。 次に、ペットの遺骨を処理する方法を決めます。埋葬・家族葬・納骨堂など選択肢はありますが、業者によっては火葬した遺骨を引き取ってくれる場合もあります。自宅に帰ってから決めることもできますが、あらかじめ調べておくと安心です。 最後に請求書の支払いについてです。支払い方法は現金、クレジットカード、銀行振込などがありますが、契約時に決まっているはずです。支払い期限に遅れないように気をつけましょう。 ペット火葬業者は、亡くなったペットの大切な思い出を決して忘れません。手続きに追われる中で優しい言葉や相談に乗ってくれるので、遺族の想いに寄り添ってくれる業者を選びましょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。